CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット 総合デパート
    0
      やっぱり、どうしても欲しい商品は「アレルギー生活改善総合研究所」
      でないと、揃わないのです。
       
      アトピーっ子のママが、「本当に欲しい商品」を、とり揃えているのは、
      アレルギー生活改善総合研究所です。

      アトピー・アレルギー経験者の母が、厳選した商品を
      通信販売いたします。アレルギー生活改善総合研究所



      アレルギーについて
      1.アレルギーの4つのタイプ
      ◆  I型アレルギー(アナフィラキシー型)
      気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などを起こすタイプ。
      アレルギー体質の人の体内に抗原(反応する物質)が侵入する事によって、
      特定のIgE抗体が産生される。 このIgE抗体が、目、鼻、喉、肺などの
      粘膜上の肥満細胞や好塩基球(白血球の一種)にくっつき、感作した状態になる。
      再度、抗原が侵入してくると、IgEと結合し、肥満細胞、好塩基球が破壊されて
      細胞内にある顆粒が放出、 その顆粒に含まれるヒスタミン、ロイコトリエンなどの
      科学伝達物質が、じんましん、喘息、くしゃみ、鼻づまりのように
      さまざまな反応を引き起こします。

      ◆  II型アレルギー(細胞傷害型過敏性反応)
      なんらかの、原因で自己の組織が抗原となり、
      抗体が作られ反応を起こす自己免疫病。
      自分の甲状腺に対して抗体を作る橋本甲状腺病、
      血液型不適合の反応、 Rh型の母と子の不一致による新生児溶血性黄疸、
      本態性血小板減少性紫斑病など。

      ◆  III型アレルギー(免疫複合体型過敏性反応)
      抗原と抗体が結合し、免疫複合体となって処理できないまま
      各組織に沈着して傷をつける。
      抗原は、カビやウィルス、薬など 肺炎、腎炎、肝炎、関節炎、
      慢性関節リウマチ、全身エリテマトーデスなど。

      ◆  IV型アレルギー(遅延型過敏症)
      I〜III型とは異なり、T細胞が直接抗原に作用して起きる、細胞性免疫反応。
      薬剤アレルギーによる、接触性皮膚炎、臓器移植の際の拒否反応など。

      2.はっきり型とかくれ型アレルギーについて
      ◆  はっきり型
      食べてから短時間で、特定の食べ物を食べると必ず起きる反応を、
      「即時型」「はっきり型」IgEと密接な関係があるので、ラスト法、
      皮膚反応検査で原因となる食べ物を掴む事が容易である。
      ◆  かくれ型
      特定の食べ物を食べても、必ず反応を起こすとは限らない。
      発熱時、疲労時、ストレスが加わった時
      1.エビの摂取後
      2. 寒い時に
      3. 運動をすると喘息が出る
      4. 全ての条件が揃った時に反応が起こる。
      食べてから反応が出るまでに時間がかかる。
      症状が慢性化している為、気づきにくい。
      IgE抗体検査などで皮膚反応は出にくいので、
      「食物日誌」などをつけるのが効果的。

      3.イーストコネクションとは
      これは、甘いもの(砂糖、果物、味醂、酒など)を多量に摂ると、
      消化管内(腸内)に、カンジタという黴の一種が異常繁殖し、
      これが難治性のアトピー性皮膚炎の一因となっているという説もあります。
      「イーストコネクション」は、カンジタというカビが、
      イースト菌に分類学上分類される事に、起因した名前の様です。
      アトピーの方に「甜菜糖」を勧めるのも、これに含まれる
      「オリゴ糖」が腸内の環境を良く保つ事に起因するものと思われます。
      イーストコネクションを裏付けるものとして、
      難治性のアトピーの患者さんの便の中からカンジタが多く採集される事と、
      「砂糖、果物、味醂、酒」を極力少なくする生活をした所、
      皮膚症状が軽減したという事に起因するものらしいです。
      私も、除去食を解除する段階で受けた、栄養指導で、聞いた話です。
      ともあれ、「甘味」のあふれている現代。 厳しく除去しなくとも、
      「意識して減らす」は、頭に入れておくべきでしょう。
      ちなみに、カンジタ菌は、アトピーだから居る訳でなく、
      健康な人なら誰でも居る「常在菌」であり、体調などによりバランスが崩れ、
      増えるものである事を付け加えておきます。

      アトピー・アレルギーの方の為の、インターネット
      総合デパート







      | アトピー・アレルギー対策の応援サイト | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
      | 1/1PAGES |